注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

遺品整理人および遺品整理士 ブログ

ネクスト代表の佐倉が、NHK報道局の方々から、遺品整理業界について取材を受けました。

NHK報道局の皆様から、遺品整理ネクストが取材を受けました。

2020年3月1日(日)に、当社ネクストの代表・佐倉賢次郎が、NHK報道局の記者から取材を受けました。 急増している遺品整理会社が急増してい... 詳細を読む

遺品整理ネクストが、10期連続No.1ビジネス誌(※日本ABC協会調査・印刷版)のPRESIDENT(プレジデント)2020年3月6日号に掲載されました。特別付録:相続これだけメモ。市販にいいものがないので編集部がつくりました。新法対応!あなたを襲う7大爆弾。相続死後の手続き。もらえるお金・戻ってくるお金。総額100万円超!知らないまま時効では大損だ!3位「もっと挑戦すればよかった」、4位「会社以外の居場所がない」…。723人調査「死ぬ間際に聞いた人生の後悔」。

PRESIDENT(プレジデント)誌に特集記事として掲載されました。

プレジデント社へ取材協力を行なった際の内容が、ビジネス誌『プレジデント』に特集記事として掲載されました。 年始明けにプレジデント社から取材を... 詳細を読む

オリジナルドラマ「anone」のロケ地に使用していただきました。

オリジナルドラマ「anone」のロケ地に使用していただきました。 女優・広瀬すずさん主演のTVドラマ(日本テレビ系)「anone」(原作/脚... 詳細を読む

増え続ける「遺品整理人」。ゴミ屋敷整理に活路。 止まらない核家族化。相場の3倍の業者も。 第1回に登場したのは、亡くなった人が暮らしていた家のものを整理・撤去する「遺品整理人」の小川健二(54)。独居老人の孤独死が深刻な社会問題になっていた時期だった。ここまでの2年半の間に「毎週のように同業者が増えている」と話す。 今生きている人から必要とされるように。 高齢化社会で、病院や施設はどこも満杯状態。業者が増加している背景には、核家族化が進み、高齢者が一人で暮らすざるを得ない環境がある。業者間の競争は激しくなる一方だが「一般的な代金より3倍ぐらい高い代金を取る業者もいる」と、業界拡大の弊害も感じ始めている。

スポーツニッポン『イマドキの仕事人』連載100回特別編で取材していただきました。

スポーツニッポン『イマドキの仕事人』の連載100回特別編で、弊社『遺品整理ネクスト』が取材を受けました。 遺品整理ネクストが、新聞の社会面記... 詳細を読む

十勝花子様邸の遺品整理作業

本日は、都内にて、8月に急死いたしました、女優でタレントであります十勝花子様のご自宅の遺品整理を、弊社遺品整理ネクストにてお手伝いさせていた... 詳細を読む

安心して頂く為のスタッフ専任制

昨日の作業は、担当の菅原の東京都足立区での遺品整理作業とお見積りでした。 8月の作業も終わり、関東地区・関西地区・東北地区・中部地区で、90... 詳細を読む

メディアでの実績と責任!大切なのは、安心感。

本日8月30日の作業は、担当の杉野谷の埼玉県ふじみ野市での生前整理作業と、担当の小川の東京都中野区での生前整理作業と、担当の菅原の東京都福生... 詳細を読む

責任感の強い高齢者の生前整理

つい先日、東京都内の有料老人ホーム施設の一戸現場での家財・生活用品の全撤去作業をさせていただきました。住まれていた方が長期入院されている様で... 詳細を読む

ネクストが、選ばれた理由。

梅雨時期に入り東京都内で大雨の中での作業。 ご依頼内容は、売却も考えており全部屋の家財一式の撤去と基本料金内の合同供養・水廻り全体を含む清掃... 詳細を読む

遺品査定士の資格を取得しました。

遺品整理を行うに当たって、故人様が使われていたものの中には、市場的に価値のあるものが当然あります。 弊社では、そういったものにきちんとした価... 詳細を読む

このページのトップへ