おかげさまで"ネクストはお客様からのご紹介率"No.1

遺品整理ネクストのサービス

    事業サービス

  • 遺品整理ネクストの遺品整理サービス
  • 遺品整理ネクストの遺品整理サービス

    お得なサービス

  • 早割キャンペーン実施中!今月の特典は、話題の次亜塩素酸水で秒速除菌+強力消臭です。お見積りから余裕あるスケジュールで作業日程をお組みいただいたお客様へ、通常時は有料オプションの「菌とウイルスを秒速で除菌する除菌消臭剤ナノエイト︎」を無料(0円)で提供いたします。
  • ネクストの見即早割でお得。お待たせしません。即対応で実はお得。お見積と作業を即日対応で、気になる場所を無料で除菌!詳しくはこちらをクリックして詳細をご確認ください。

遺品整理とは?

大切な家族や親族がお亡くなりになられた際、必ず必要な作業が「遺品整理」です。

親族や身内の方が他界された後は、途方に暮れてしまう事もあるかと思いますが、実は役所へ死亡届や金融機関へ相続の手続きを行う必要があるなど、早めに整理したい事があると思います。

でも故人がお独り暮らしや単身住まいの場合、同居していないご遺族様にとっては、どこにしまってあるのか検討もつかないですよね。

そこで、遺品整理業界の老舗であるネクストが、ご自身で遺品整理を行う際にお役立ちするノウハウを簡単にまとめましたので参考になさってください。

遺品整理を行うにあたって

親族がお亡くなりになった直後は葬儀や納骨、故人へ最後のご挨拶で弔問いただいた方々へのお返しなど、直後は大変に慌ただしい毎日になります。「落ち着いてから少しずつ進めよう。」と、時期をずらして進めようとお考えの方もいらっしゃると思いますが、遺品整理を始めるのに適切な時期が実は複数あります。

遺品整理に適した時期

遺品の整理に取り掛かる時期は、皆様の生活環境が異なりますし、故人が賃貸物件に住まわれていた、携帯をご契約しているなどのように、支払い料金が発生する場合以外は、どのタイミングでも大丈夫です。

整理のタイミングは、以下の条件別で変わってきます。

  • 期限がある場合
  • 持ち家(期限がない)の場合
  • 同居人がいる場合

期限がある場合

故人が賃貸住宅に1人暮らしをしていた場合は、物件を明け渡さなければならないため、遺品整理をそれまでに終えておく必要があります。 多くの人は亡くなられた月の月末か翌月末までを契約期間とし、それまでに遺品整理を完了させましょう。

ですが、死後四十九日の間は、故人の魂がこの世を彷徨っているともいわれるため、四十九日の法要が済むまで賃貸契約を結んでおき、その後に遺品整理を行う方も比較的多くいらしています。焦って進めた結果、親族に相談せずに相続の事で後から揉める結果になってしまう事も考えられます。一度、近しい親族へご相談の上、対応を進めると良いでしょう。

持ち家(期限がない)の場合

故人が持ち家に住んでいた場合、すぐに住居を片付ける必要がないこともあります。当然ながら、お亡くなりになることを故人も想定していなかったため、遺された物も多数あるはずです。遺品整理を急ぐ必要はありませんが、消費期限がある食材などは、当然ながら早めに片付けてしまいましょう。

不慮の事故や急病など、突然のお別れになってしまった場合は特に、親族の傷が癒えるのには時間がかかるため、上記で挙げた期間にとらわれる必要はありません。
悲しみの中無理をして遺品整理を行うことは、故人にもご遺族にも決して良いことではありません。ご親族も含め、多くの方がある程度気持ちが落ち着いてから始めるようにしてください。中には亡くなってから数年後にやっと手を付け始めた、という人も案外多いです。

また、年金や相続等に関する手続きは必ず必要になりますので、荷物が多い場合は簡単に整理をしておくとその後の対応がスムーズになります。

同居人がいる場合

継続して住まわれる方がいる場合は整理を焦る必要はありませんが、年金や相続等お金に関わる手続きは必要になりますので、必要書類の探索だけは早めに済ませておくと安心です。ご遺族様が遺品整理に取り掛かるタイミングにおすすめな時期をご紹介します。

  • 法要の後で区切りが良い時
  • 死亡後の手続きが完了した時
  • 突然の別れから傷がすこし癒えた時
  • 四十九日や百日法要、一周忌などで一同が集まる際(親族が遠方でなかなか集まるのが難しい場合におすすめです)

遺品整理の際に準備したい物

作業しやすい服

  • 作業しやすい服装(作業着、汚れてもいい服)
  • スリッパ
  • マスク(埃が舞い上がります)
  • 軍手か厚手の手袋
  • 厚手の靴下
  • 段ボール
  • ガムテープ
  • ゴミ用の大きなビニール袋
  • カッターとはさみ
  • ロープ
  • ホウキ
  • 掃除機
  • マジックペン
  • ペンチ、ドライバーなどの工具(家具を分解する際に必要)
  • 台車
  • 軽トラックやワゴン車などの運搬用の車

などです。
遺品整理中はホコリを吸い込んだり、思わぬものを踏んづけて怪我をする危険があります。また、釘などで怪我をしないよう、なるべく素肌がでない服装で行なうようにしてください。そして資材は多めに用意しておきましょう。

資源になる衣服や本などを処分する際、集荷場所が少し離れていたり、集合住宅の場合は運搬用の台車があると便利です。ご自身でリサイクルショップやゴミ処理場に自分で運搬する場合は、軽トラやワゴン車などを予め手配しておきましょう。

遺品を仕分けする

探すべき物・管理しておきたい物

  • 現金
  • 通帳
  • クレジットカード
  • 土地の権利書など不動産関係の書類
  • パスポート・免許証
  • 年金手帳
  • 健康保険証
  • 有価証券
  • 医師による死亡届

になります。
これらを整理するには法的な手続きが必要となりますので、見つけ次第段ボールに入れて保管し、他の物の整理が終わり次第親族間で話し合って整理するようにしましょう。

また、遺産相続手続きはもちろんのこと、個人が契約していた保険の解約・年金の停止と遺族年金の手続き・所得税の手続きなどさまざまな手続きを行う必要があります。遺産相続手続きはもちろんのこと、個人が契約していた保険・年金・所得税の手続きなどさまざまな手続きを行う必要がありますが、手続きによっては死去後何日か経過をしないと行えないものもあります。なので少しずつ遺品整理と手続きを進め、すべての手続きを終えてから、本格的に仕分けを始める方も多いようです。

残したい物

  • 形見の品
  • 想い出の品々(お土産品、家族アルバムなど)
  • 貴金属(宝石や金貨など)のような価値の高いもの
  • 美術品(骨董品や絵画など)
  • 歴史的な価値がありそうな物(古い物)
  • コレクションアイテム(シリーズ物や根強いファンのいそうな物)

です。
お亡くなりになった直後は見るたびに悲しい気持ちになる品々も、前向きになれた後はたのしかった想い出が次々に蘇ってくるものです。故人との絆を振り返ると、優しい気持ちになれることもあります。

また、リサイクルショップで買取が可能なのは、製造から5年以内の家電、一部の高級家具、着物やブランドの衣類です。銅やアルミなどの金属・非鉄金属、古紙、古布、プラスチック類はそれぞれ専門の事業者に依頼すれば買取・引き取りを行ってくれます。

リサイクルもしくは買取業者へ依頼すると良い物

  • 製造から5年以内の冷蔵庫・テレビ・洗濯機・パソコンなどの家電
  • ベッドやタンスなどの大型家具
  • 鍋や釜などの金属類(銅、アルミ、ステンレスなど)
  • 着物、

です。
リサイクルショップで買取が可能なのは、製造から5年以内の家電、一部の高級家具、着物やブランドの衣類です。状態がよかったり希少性が高かったりするものは、高値で取引してくれる場合もあるのでぜひ利用しましょう。良品が多い場合は出張買取に来てもらうのもおすすめです。

なお、リサイクルショップでは値段がつかなかった品でも、メルカリ始めとするフリマアプリやヤフオク!で出品をすれば、買い手がつく場合があります。状態がよく、まだ十分に使用可出来る品は出品してみてはいかがでしょうか。

資源回収できる物

  • 冷蔵庫・テレビ・洗濯機・パソコンなどの家電
  • ベッドやタンスなどの家具
  • 鍋や釜などの金属類(銅、アルミ、ステンレスなど)
  • 破れていない衣服
  • 古紙、古布、プラスチック類
  • 中身を抜いたビンや缶

については、資源として再利用できます。廃棄処分の方法は該当地域を管理する自治体の回収方法に従って分別してください。

不用品を処分する

ゴミとして処分する

上記に分類されるもの以外は、すべて廃棄品です。廃棄の仕方は自治体で決められたゴミ分別の方法に合わせて仕分けしましょう。

  • 可燃(紙、革製品、ビニール、小物家具、雑品など)
  • 不燃(せともの、金属類、電球、スプレー缶など)
  • 有料回収(大型家具、リサイクルの義務付けられていない家電、布団など)
  • ゴミとして出せない不用品(リサイクル家電、消化器、金庫など)

不用品に分別したものは、ゴミ集積所の指定の日に出したり、粗大ゴミの回収を依頼して処分しましょう。量が多い場合やゴミの収集日を待てない場合は、自身で処分場に持ち込む事もできます。多くの自治体では、持ち込み処分を受け入れています。事前予約が必要な場合もありますので、持ち込む前に必ず問い合わせをしてください。

※分別は、必ず自治体のサイトで細かい分類を確認してから行ってください。
※エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機はリサイクル家電となり、リサイクル料金が発生します。

専門業者に任せる

専門の事業者に連絡を取り、まとめて引き取ってもらう事もできます。大量の品を分別する作業は、想像以上に体力を使いますし、処分方法も個別に手配するため、労力がかかり、すべて終わらせるまで相当に時間がかかるため、根気も必要です。

不用品回収業者に頼む

不用品回収業者の多くはリサイクルショップが行なっているケースも多々あります。程度がいい良品や年式が比較的新しい、希少なものがあるとそのまま店舗で販売もできるため、格安で回収をしてくれる場合もあります。ですが、処分に料金がかかるものや在庫が多すぎるもの、スペースを埋めてしまう大型家電などを敬遠する所も多く、引き取れないと断られてしまう例も多く見受けられます。

遺品整理業者に頼む

遺品整理は当社のようにずっと専業で続けている事業者と本業が清掃業者の場合があります。料金の算出方法は各社で異なりますが、基本的にすべての物を撤去する事に長けています。また、空間を綺麗にする、清潔に保つためのサービスをずっと提供してきているので、サービスの質や事業者としての体制もしっかりと整えています。ですので、ご遺族も知らないところから偶然に金品等が出てきても、正当にご遺族へお返しします。しっかりと真摯に対応をする事で、評判をいただけています。

当然、不用品回収業者の方々よりもお見積り金額が高くなる場合もあります。それは、故人の個人情報も含む物を不用意に扱うことを許さず、法律に則って適切に処分するための費用になっています。

※遺品整理業界については、ビジネス誌『プレジデント』(2020年2月14日号)NHKの報道取材で詳しくお伝えしております。機会がございましたら、ぜひお目を通していただけると光栄です。

このページのトップへ