注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

新型コロナウイルスに伴う感染拡大防止の対策に関するお知らせ

平素より、遺品整理ネクストをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
また、この度の新型コロナウイルスによる肺炎に罹患された方々につきましては、謹んでお見舞い申し上げます。

ネクストでは、新型コロナウイルスの感染症(COVID-19)の予防および感染拡大防止の対策として、従業員一同で社内および現場で以下の対応を徹底しております。

お客様ならびに関係者の方々へ、ご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

また、ソーシャルディスタンスの観点から、お立会いなしでのお見積りと遺品整理の作業を行うサービスも開始しました。ご希望の方はお気軽にお申し出くださいませ。

新型コロナウイルス感染症予防に関して行なっている徹底事項

<出勤前の対策>

  • 出勤前に検温し、発熱が認められる場合は出勤停止
  • 日頃から手洗い(消毒含む)とうがいを徹底
  • 体調の自己管理の徹底、体調が悪くなった場合は感染の有無にかかわらず自宅待機
  • 出勤から帰宅まで、全日通じてマスクを着用

<出勤後の対策>

  • 再度、体温チェック・健康チェック(検温/だるさがないか、など)
  • 当日着用するユニフォームや帽子、作業手袋、清掃用具を洗浄/アルコール消毒、次亜塩素酸水で除菌
  • 出勤時と出動前に、手洗い、うがい、手や指をアルコール消毒
  • 社内ならびに営業車とトラックの車内の定期的な換気とアルコール消毒を徹底

<作業現場での対策>

  • 現場作業前に除菌消臭剤で除菌
  • 現場作業終了後、
    • 帰社後の手洗い、うがい、手や指をアルコール消毒を徹底
    • 当日に着用したユニフォームや帽子、作業手袋、清掃用具を洗浄/アルコール消毒、除菌消臭剤で除菌を徹底
    • 再度、体温チェック・健康チェック(検温/だるさがないか、など)

上記のことを徹底して、新型コロナウイルスの感染予防に努めております。

お立ち会いなしでお見積り査定と遺品整理作業の実行

遺品整理ネクストは、上記の内容を徹底して全従業員の健康管理と除菌対策を行うことを心掛けておりますが、ソーシャルディスタンスの観点から、お客様と対面する機会を極力減らしつつ、お見積りと遺品整理作業の完了まで行うシステムをご用意しております。ご希望がございましたら、お気軽にお申し出ください。

ネクストがソーシャルディスタンス遺品整理を実現できる理由

遺品整理のご依頼において、多くの方が故人と同居をされていないケースが大半です。近隣にお住まいの方もいらしてますが、遠方のため日中に行き来をできないお客様も多いものですから、お電話と鍵の郵送で対応をさせていただくご依頼も多々ございます。
ですので、コロナ禍の現状でも手際よくお立ち会いなしでの作業を実現できています。

お会いしないままでのお見積り査定や作業の様子や完了に至るまでのサービスには、長年の実績がございます。ご要望がございましたら、お電話でお気軽にお申し出くださいませ。

お立ち会いなしでの流れ

  1. ネクストまで現場の鍵を郵送していただきます。(訪問での受取りも可能です)
  2. 内見後、お見積り書をメールもしくは郵送でお送りさせていただきます。
  3. お見積り料金に了承いただけた場合、作業日を決めさせていただきます。(見即も可)
    ご契約されない場合は、この段階で鍵を返送させていただきます。
  4. 当日の作業終了後、現場写真をメールで送信しますので、ご確認をお願いいたします。
  5. すべて完了した時点ですぐに鍵を返送させていただきます。お見積り書の金額をお間違えのないよう、お振込手続きをお願いいたします。
    ※賃貸の場合は大家さんもしくは管理会社に最終確認をしていただきます。もちろん近隣もしくは階下のお客様からクレームがないように努めさせていただきます。

<お客様・取引先関係各社へのお願い>

当日、現場でお立ち会いされる方または合同供養に参列される語彙語族の方々、また取引先関係各社の方々にも、出来る限りマスクの着用をお願いいたします。

お客様ならびに従業員の健康と安全を最大限考慮し、出来得る限りの対策を取り、最善を尽くすことで、安心してご依頼いただける環境づくりに全力で努めてまいります。
日々刻々と状況が変化する中、今後も状況を注視しながら適宜必要な措置を行ってまいる所存です。
お客様ならびに関係各社には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご協力の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。

株式会社ネクスト
代表取締役 佐倉賢次郎

このページのトップへ