注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

遺品整理のトラブル

現在、遺品整理業者は日々増えておりますが、中には「遺品」を不用品・ゴミと同様粗末に扱う業者もあり、依頼された遺族の方が心を痛めるケースがあります。

数年前までは、遺品整理専門業者自体が存在致しませんでした。
それまでは、不用品回収・片付け屋・何でも屋のような業者が、ご依頼者様が貴重品検索をした後に片付けをしておりましたから、
ご依頼者様が見つけられなかった貴重品(現金・重要書類・貴金属・商品券等の金品類)をそのまま利益にしておりました。
(必要な物は、作業日までに取っておいてください。)その言葉の意味は、それ以降の家の中の全ての物がゴミですからとの解釈です。

最近でも、遺品整理専門業者以外の不用品回収業者や何でも屋などが、故人様の大切な遺品整理をいたします。
そんなような宣伝をしておりますが、実際に、安心して任せられる業者は、数少ないのが現状です。
例としましては、一つの遺品整理のブランドを立ち上げて、インターネットやチラシで宣伝し、いただいた遺品整理の作業を、信用があるか無いか分からない片付け業者にメール・電話だけで遺品整理の作業依頼をし、手数料だけを取るやからも増えております。

弊社の遺品整理の流れは、お客様から見積りの依頼の際に、お客様のご都合に合わせまして、お見積りの日時を決めさせていただき、遺品整理の現場にて、お客様お立会いの下金額や作業内容を見積書や契約書に記入し、お見積りの内容を丁寧にお客様へご説明させていただき、お見積りの金額・サービスをお客様がご納得されましたら、遺品整理の作業の日程を決めさせていただきます。
作業当日も、お立会いの下、最終確認をしましてから遺品整理作業を始めさせていただきます。
そうする事により、遺品整理作業のトラブルを解消いたします。
しかし残念ながら中には見積もり内容が不明瞭でお客様が了承した金額に色々と理由を付けて作業後に加算請求したり、後片付けや掃除もなく帰ってしまう業者も存在します。

あとは遺品整理業者とのトラブルではありませんが、一番多いケースとして、一人暮らしの方が住まれていた賃貸住宅を退去する際、多額の費用を請求される事もあります。特に部屋の中で亡くなり、発見が遅れてしまった場合、原状回復やその後しばらく借り手が見つからない為の保証金名目などで高額請求される事も珍しい事例ではありません。

Rising to the Challenge

このページのトップへ