注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

遺品整理作業の流れ

お問い合わせからご契約まで

1.お問い合わせ

フリーダイヤルまたは当サイトのお見積りフォームよりお問い合わせください。折り返し、弊社よりお客様へご連絡させていただきますので、お伺いしてもよろしい日時をお知らせください。

フリーダイヤル0120-620-740

↑画像をクリックするとフリーダイヤルでお繋ぎします。

2.現地にてお見積もり

現地へ出向き、お部屋などをご依頼者様お立会いの下に拝見します。ご遺族様のご希望・お悩み事などをお聞かせいただいた上で、 お見積り担当者から状況・ご予算に合わせた最適なプランをご提案させていただき、お見積り当日に、整理代金・サービスをその場でご提示させて頂きます。

お見積り担当者が、作業当日の責任担当者となりますので、お話しさせて頂きます。金額・サービス等が作業当日に突然変わる事は一切ございません。
お見積もり・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

ここまでは無料です。お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-620-740

↑画像をクリックするとフリーダイヤルでお繋ぎします。

3.ご契約

お見積り終了後、ご検討いただきまして、お見積り金額・作業内容に納得していただけましたら、ご契約とさせていただきます。ご依頼者様のご希望に合わせまして、作業の日時をお打ち合わせいたします。通常、見積り時からお荷物が増えたり、発送場所が増えない限り、金額・サービス等が作業当日に変わる事はございません。

遺品整理料金設定

遺品整理ネクストの料金はすべての作業コミコミの料金です。

作業当日の流れ

4.作業前のミーティング

現場責任者(=お見積り担当者)が作業の手順、作業人員の配置、ご依頼者様からの要望、ご意向などについてミーティングを行います。遺品整理作業完了までの手順と流れを現場スタッフ全員で共有することでスムーズで確実な遺品整理を行ないます。

5.作業前の準備と室内の遺品の確認

お見積り担当者が作業前に近隣の方々へ挨拶をさせていただき、搬出作業の際、ご迷惑が掛からないよう配慮いたします。お客様が保存されるお品と検索、仕分けをされるお品の最終確認をさせていただき、搬出作業の際にキズが付かないよう、搬出経路・お部屋の中の養生をいたします。

6.分別・梱包

次に、近隣の方々のご迷惑にならないよう気遣いしながら、遺品を10品目以上に丁寧に分別、梱包、袋詰めいたします。(仕分の際、「金品類」「権利書等の書類」「写真、メモ書き等の想い出の品」「供養品」の見落としをしないように細かく仕分します)

7.搬出

出来る限り、リユースできますよう、家具の分解は行いません。もちろん搬出経路・部屋の中にキズを残さないよう丁寧に搬出し、近隣の方々にもご迷惑のないよう配慮いたします。

8.清掃

搬出が終わり、空になったお部屋を当社スタッフが清掃させていただきます。

(基本清掃内容)

  1. 玄関やベランダの掃き掃除
  2. 各部屋の床の掃き掃除
  3. 各部屋の掃除機掛け
  4. フローリングの床は拭き掃除をします。
  5. 台所、風呂場、トイレなど水回りを洗剤でしっかり磨きます。※様子はこちら

※住居の退去に伴う搬出後の場合、約90分~120分程度で行なえる範囲となります。

9.作業終了確認

作業完了時にお客様にお部屋のご確認、貴重品のご確認をしていただき、お持ち帰りされる品・処分品・供養品に分別していただき、作業終了となります。(※様子はこちら)また、処分するには忍びない品は弊社供養部屋にてお預かりさせていただき、1か月に1度、僧侶による合同供養をさせていただいた後に処分させていただきます。

10.遺品整理完了

作業費用のお支払をいただいて完了となります。(現金、お振込み、クレジットカード決済でのご対応となります)

card

ご依頼者様からの感謝の声をいただいております。

フリーダイヤル0120-620-740

↑画像をクリックするとフリーダイヤルでお繋ぎします。

遺品整理後について

11.遺品の仕分け・貴重品の検索

弊社が引取らせていただいた品物の中に貴重と思われる物などが見つかった場合はご依頼主様にご連絡させていただきます。

12.形見分けの配送

内容をご確認していただいた上で、形見として返送をご希望される場合は、ご希望の配送先へお届けいたします。(配送料金は別途費用がかかります)

13.合同供養

故人の方が大切にしていたものだから、ネクストは供養もしっかりと致します。ご依頼者様が気になるものも供養して心のご負担を少しでも軽減できるよう、大きな仏壇は1点まで、その他、「アルバム」「人形」など、そのまま処分するには忍びないものを段ボール3個程度まで無料で合同供養いたします。(※様子はこちら

14.リサイクル・リユース

残りの遺品に関しては出来る限り、当社にてリサイクル原材料、リユース品として販売させていただく他、会社貢献の一環とし、衣類などをユニセフや海外へ寄贈させていただきます。また、家電リサイクル品(テレビ・冷蔵庫・洗濯機など)は、管轄のリサイクルセンターへ運搬させていただきますので、ご安心ください。

以上、ご不明点やご質問があれば、ご遠慮なくご相談ください。

このページのトップへ