注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

料金について

対応エリア内でも御社の場所から遠い場合は料金が高くなるのでしょうか?

対応エリア内の場所の違いで料金が高くなることはございません。

遺品整理の対応エリアは以下の通りです。

関東エリア:東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県

遺品整理の対応エリアについて詳しくはこちらをご覧ください。

遺品整理の料金差

疑問
数多くある遺品整理業者ですが、業者によって料金の差が随分御座います。
もちろん価値観や仕事能力で料金の差(見積金額)も違うのですが、遺品整理を行うと最終的に随分のご遺品を処分しなければなりません。
このご遺品を処分する代金によっても遺品整理の料金が関係してきます。

実は地域、処分する業者の許可によって、この処分価格もかなり違って来ます。
私ども「ネクスト」は東京都なので地方に比べて、産業廃棄物等の処分費が少し高くなってしまいます。

また廃棄物の収集運搬には主に「産業廃棄物収集運搬」と「一般廃棄物収集運搬」の許可があります。
参考までに、一般廃棄物なら東京都は1kgあたり15,5円と比較的安く処分出来ます。
しかし産業廃棄物なら東京都の中間処理場は1kgあたり平均40円以上の処分費になってしまいます。

遺品整理しますと一般廃棄物の処分品が圧倒的に多いのですが、「産業廃棄物収集運搬」の許可しか得てない業者も多く、適正に処理するなら、このような業者の場合は全て一般廃棄物収集運搬の許可を得た外部の業者に委託して処分しなければなりません。
その為に外部の業者間と取引が増えたことで、処分費が割高になると思います。

フリーダイヤル0120-620-740

弊社はご遺品の処理に中間マージン発生しません。

弊社はグループ企業に「産業廃棄物収集運搬」と「一般廃棄物収集運搬」の許可があり、「遺品整理」と「遺品処理」の両方を行なえる数少ない業者の一つになります。

弊社のグループ企業は、一般廃棄物収集運搬の許可を得ておりますので、外部の業者に委託して処分品を適正処理する必要性がありません。
自社内において、ご遺品の処分品を適正処理出来るメリットがあります。
したがって遺品整理した後に、適正処理する際の中間マージンが発生しないメリットもあります。

このような業者側の事情でも遺品整理の料金差があります。
業者によって“見積金額が随分違う”と疑問を抱いた時はこのような事情も考えられます。

見積もり金額以上の費用を後で請求されることはありませんか?

ご安心ください。お見積りどおりのご請求です。それ以上はありません。
ただし、見積り後に追加サービスを注文された場合は別途申し受けます。

遺品整理のトラブル

現在、遺品整理業者は日々増えておりますが、中には「遺品」を不用品・ゴミと同様粗末に扱う業者もあり、依頼された遺族の方が心を痛めるケースがあります。

数年前までは、遺品整理専門業者自体が存在致しませんでした。
それまでは、不用品回収・片付け屋・何でも屋のような業者が、ご依頼者様が貴重品検索をした後に片付けをしておりましたから、
ご依頼者様が見つけられなかった貴重品(現金・重要書類・貴金属・商品券等の金品類)をそのまま利益にしておりました。
(必要な物は、作業日までに取っておいてください。)その言葉の意味は、それ以降の家の中の全ての物がゴミですからとの解釈です。

最近でも、遺品整理専門業者以外の不用品回収業者や何でも屋などが、故人様の大切な遺品整理をいたします。
そんなような宣伝をしておりますが、実際に、安心して任せられる業者は、数少ないのが現状です。
例としましては、一つの遺品整理のブランドを立ち上げて、インターネットやチラシで宣伝し、いただいた遺品整理の作業を、信用があるか無いか分からない片付け業者にメール・電話だけで遺品整理の作業依頼をし、手数料だけを取るやからも増えております。

弊社の遺品整理の流れは、お客様から見積りの依頼の際に、お客様のご都合に合わせまして、お見積りの日時を決めさせていただき、遺品整理の現場にて、お客様お立会いの下金額や作業内容を見積書や契約書に記入し、お見積りの内容を丁寧にお客様へご説明させていただき、お見積りの金額・サービスをお客様がご納得されましたら、遺品整理の作業の日程を決めさせていただきます。
作業当日も、お立会いの下、最終確認をしましてから遺品整理作業を始めさせていただきます。
そうする事により、遺品整理作業のトラブルを解消いたします。
しかし残念ながら中には見積もり内容が不明瞭でお客様が了承した金額に色々と理由を付けて作業後に加算請求したり、後片付けや掃除もなく帰ってしまう業者も存在します。

あとは遺品整理業者とのトラブルではありませんが、一番多いケースとして、一人暮らしの方が住まれていた賃貸住宅を退去する際、多額の費用を請求される事もあります。特に部屋の中で亡くなり、発見が遅れてしまった場合、原状回復やその後しばらく借り手が見つからない為の保証金名目などで高額請求される事も珍しい事例ではありません。

Rising to the Challenge

支払いのタイミングはいつになりますか?

作業終了後に、現金または銀行振込にて申し受けます。 もちろん前金は必要ございません。

このページのトップへ