注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

週刊女性に掲載『遺品整理業者の実家のたたみ方』と『便利屋との違い』

週刊女性2014年7月29号に、遺品整理ネクストの取材記事が掲載されました

2014年7月24日号週刊女性の表紙
遺品整理業者の実家の「たたみ方」。親族が亡くなったとき、自分が死んだとき、遺品をどうすればいいのか?昔は、遺族が自らの手で故人の遺品を少しずつ整理するというのが普通だった。しかし、時代の流れとともに〝個〟のプライバシーが尊重されるようになり、結果、近隣住民や親族との親交は希薄に。家庭の形も核家族化した。親と同居していない人が増えたため、親の貴重品のありかがわからない。ひとりで住む家の一人で住む親の家が〝ゴミ屋敷化〟してしまっている場合も少なくない。高齢になれば自分の手で片付けることは困難になる。こうした社会変化の中で生まれたのが遺品整理業だ。「いまはご遺族でも貴重品の置き場所というのは把握していない場合がほとんど。やっぱり大事なものですから、本人しかわからないところにこっそり隠してあるんです。通帳、印鑑、権利書などを探し出して、遺族にお渡しするのが品整理業者の基本になります。遺品整理業者と便利屋さんや不用品回収業者さんとの決定的な違いは、故人様の遺品をなるべくゴミにしない、粗末に扱わないということです」と話すのは遺品整理ネクストの佐々木さん。作業現場では貴重品ボックスを作り、貴重品だと思われるものをどんどん入れていく。最終的に遺族に確認してもらい〝持ち帰ってもらうもの〟〝処分するもの〟〝供養するもの〟の3つに仕分けするという流れ。「遺品整理は肉体的にも精神的にもつらい作業です。残しておくものと処分するものの仕分けをするのも、故人に対する気持ちがこもっているぶん、なかなか難しい。そこを弊社が請け負うことで、遺族の方は踏ん切りをつけられます。また写真や手紙、仏壇などは処分するには忍びない。そうしたものは弊社で預かり、2か月〜2か月半の周期でお坊さんを呼んで合同供養をしています。供養代は金額の中にもともと含まれていますので、追加料金をいただくことはありません」単に片付けるというよりも〝故人の思い出を探し出し、整理する〟といった意味合いが強い遺品整理業。だからこそ、わざわざお坊さんを呼んでまで供養を行い、人と時間をかけて、徹底的に故人と遺族の思い出を探し出す。「本当のこと言えば、昔のように遺族がひとつひとつ故人様の思い出を見つけながら片付けるというのが本当の遺品整理だと思います。ですが、ライフスタイルが変わったのでその難しいですし、なにより故人様の思い出を見つけると、そこで手が止まってしまって片付けが一向に進まないんです。私たちが扱うのはそうした遺族の故人に対するお気持ちですから、単なる片づけではないですよね」遺族側の気持ちとしては、遺品を丁寧に扱ってもらえ、思い出を探し出し、整理してくれるのはやっぱりうれしいもの。しかし、そんな心がこもった丁寧なサービスを提供するからこそ、どうしても便利屋などに比べると高額になる。遺品整理業者に依頼する場合の利用料は、2トントラック1台で10万円〜15万円が相場。便利屋のような安い業者では、1台7万円ほどで請け負うところもあるらしく、その差は約1.5倍〜2倍の開き。決して安くはない金額だからこそ、遺族が求めるのは単なる片づけではなく、遺族側、故人の気持ちをくんだサービスだ。「お葬式と同じように、遺品整理も生涯、何度もあることではありません。ですから、故人様に対する思いが強ければ強いほど、少々高くてもしっかりした遺品整理をしてもらいたいというお客様が多いです」親族、そして自らの死を思うとき、その人生にひとつの区切りをつけるのが遺品整理なのかもしれない。

遺品整理業者の実家の「たたみ方」。

親族が亡くなったとき、自分が死んだとき、遺品をどうすればいいのか?
昔は、遺族が自らの手で故人の遺品を少しずつ整理するというのが普通だった。しかし、時代の流れとともに〝個〟のプライバシーが尊重されるようになり、結果、近隣住民や親族との親交は希薄に。家庭の形も核家族化した。
親と同居していない人が増えたため、親の貴重品のありかがわからない。ひとりで住む家の一人で住む親の家が〝ゴミ屋敷化〟してしまっている場合も少なくない。高齢になれば自分の手で片付けることは困難になる。

こうした社会変化の中で生まれたのが遺品整理業だ。
「いまはご遺族でも貴重品の置き場所というのは把握していない場合がほとんど。やっぱり大事なものですから、本人しかわからないところにこっそり隠してあるんです。
通帳、印鑑、権利書などを探し出して、遺族にお渡しするのが品整理業者の基本になります。遺品整理業者と便利屋さんや不用品回収業者さんとの決定的な違いは、故人様の遺品をなるべくゴミにしない、粗末に扱わないということです」と話すのは遺品整理ネクストの佐々木さん。

作業現場では貴重品ボックスを作り、貴重品だと思われるものをどんどん入れていく。最終的に遺族に確認してもらい〝持ち帰ってもらうもの〟〝処分するもの〟〝供養するもの〟の3つに仕分けするという流れ。
遺品整理は肉体的にも精神的にもつらい作業です。残しておくものと処分するものの仕分けをするのも、故人に対する気持ちがこもっているぶん、なかなか難しい。そこを弊社が請け負うことで、遺族の方は踏ん切りをつけられます。また写真や手紙、仏壇などは処分するには忍びない。そうしたものは弊社で預かり、2か月〜2か月半の周期でお坊さんを呼んで合同供養をしています。供養代は金額の中にもともと含まれていますので、追加料金をいただくことはありません」

単に片付けるというよりも〝故人の思い出を探し出し、整理する〟といった意味合いが強い遺品整理業。だからこそ、わざわざお坊さんを呼んでまで供養を行い、人と時間をかけて、徹底的に故人と遺族の思い出を探し出す。
「本当のこと言えば、昔のように遺族がひとつひとつ故人様の思い出を見つけながら片付けるというのが本当の遺品整理だと思います。ですが、ライフスタイルが変わったのでその難しいですし、なにより故人様の思い出を見つけると、そこで手が止まってしまって片付けが一向に進まないんです。私たちが扱うのはそうした遺族の故人に対するお気持ちですから、単なる片づけではないですよね」

遺族側の気持ちとしては、遺品を丁寧に扱ってもらえ、思い出を探し出し、整理してくれるのはやっぱりうれしいもの。しかし、そんな心がこもった丁寧なサービスを提供するからこそ、どうしても便利屋などに比べると高額になる。
遺品整理業者に依頼する場合の利用料は、2トントラック1台で10万円〜15万円が相場。便利屋のような安い業者では、1台7万円ほどで請け負うところもあるらしく、その差は約1.5倍〜2倍の開き。

決して安くはない金額だからこそ、遺族が求めるのは単なる片づけではなく、遺族側、故人の気持ちをくんだサービスだ。
「お葬式と同じように、遺品整理も生涯、何度もあることではありません。ですから、故人様に対する思いが強ければ強いほど、少々高くてもしっかりした遺品整理をしてもらいたいというお客様が多いです」
親族、そして自らの死を思うとき、その人生にひとつの区切りをつけるのが遺品整理なのかもしれない。

このページのトップへ