注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

特殊清掃と消臭作業

高齢化社会が進んだことで一人暮らしをされている高齢者が年々増えています。特に都市部ではご近所との付き合いもあまり無く、病気等で誰にも知られずに亡くなられる方もいらっしゃいます。

また、事件に巻き込まれて亡くなられる方、事故で亡くなられる方、自殺で亡くなられる方、様々な原因で誰にも知られずに亡くなられる方もいらっしゃいます。このような場合、死後の発見が遅れるとご遺体の腐敗が進んでしまいます。

「室内に体液が残っている」「殺人などで室内に血液などが飛散している」など、このように誰にも発見されずに見つかった遺体は、様々なものを周囲に残します。腐乱した遺体にはウジが発生し、ハエも大量に集まります。実際、発見までに数週間経過した現場は想像を絶します。

特殊清掃の現場特殊清掃の現場

特に夏場のこのような現場はご近所に迷惑をかけないよう発見次第、速やかに特殊清掃行う必要があります。

フリーダイヤル0120-620-740

特殊清掃作業の流れ

遺体を発見した場合、必ず警察が立ち会って遺体を検視し片付けますが、腐乱の進んだ遺体は様々なものを周囲に残し、それらの後片付けは、親族や保証人(物件のオーナー様なども含む)が行わなければなりません。

親しい方が亡くなられ、衝撃的な現場を見た後に、通常では考えられないような状況の現場の掃除を一般の方が行うのは非常に心苦しいし、難しいと思います。このような状態になった現場の後始末は誰もができる訳ではなく、引き受けてくれる業者も限られてきますが、ネクストなら「特殊清掃」として家屋の掃除を行います。

1.消毒剤の噴霧

感染症等の防止のため、特殊清掃・遺品整理作業の前に二酸化塩素を噴霧します。二酸化塩素は強力な殺菌効果があり、また消臭にも有効です。
人が亡くなられた室内の消臭は通常の空気清浄機や芳香剤等では効果がありません。

2.遺品整理

特殊清掃の現場での家具や家財には腐敗臭も染み付いています。それらの中から貴重品や遺品の品を探し出します。不要な家具や家財は適切に分別し処分します。
※作業現場の状況に応じて(3)の特殊清掃・殺菌から行なうことも、同時進行で行なうこともあります。

3.特殊清掃・殺菌

亡くなられてから発見までの時間が長いほど、また夏場など気温の高い環境ではご遺体は腐敗し、体液が身体から流れ出し床、畳、場合によっては階下、床下にまで達しています。
このように汚染された箇所を特殊な薬剤で清掃、殺菌、消臭作業を行ないます。

4.汚染箇所の解体・処置

体液などによる汚染が、床下や階下にまで及んでいる場合には、汚染箇所を解体し、清掃、殺菌、消臭作業を行います。この場合はリフォームの作業が必要となりますが、特殊清掃現場での施工技術と知識を持ったリフォーム会社と連携し臭いを完全に除去できるよう入念にチェックを行ないます。

5.オゾン消臭・脱臭

遺品整理作業、特殊清掃作業が終わったら、室内の消臭を徹底的に行ないます。ネクストでは臭いの元を分解して消臭するオゾン消臭器を使った消臭作業を行います。
ご遺体の腐敗による臭いは通常の消臭剤や空気清浄機では脱臭することは出来ません。

ネクストでは、お見積りの終了後、即座に腐敗した体液部分を清掃し、オゾン消臭器を数日設置する事により、数日後にはご依頼者様、自ら形見分けの整理が出来る事が可能です。

通常このような場合、オゾン装置を使用することによって、部屋中の隅から隅まで、見えない空気のよどみも浄化いたします。

またこのような現場の場合、清掃するだけでは「現状復帰」が難しい事も多く、亡くなられた際の出血などは、床や壁に染み込んでしまい、完全に元通りに清掃する事が出来ない場合も少なくありません。その場合はリフォームという形で、元の状態に戻す方法が一般的となります。

フリーダイヤル0120-620-740

特殊清掃の料金

床上の特殊清掃 30,000円より
浴室清掃 50,000円より
消臭剤・除菌剤による散布 10,000円より
畳の撤去 3,000円より/1枚
オゾン消臭・脱臭 30,000円より
  • 場合によっては即日対応可能な場合もございます。
  • 特殊清掃の料金には、体液や血液、汚物の除去、清掃、蛆などの害虫駆除が含まれています。
  • 消臭作業時間は、現場を確認させて頂き、ご遺族様とご相談致します。

「特殊清掃」に特化したサイトを開設しました。

特殊清掃ネクスト

このページのトップへ