注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

「おひとりさま」と「遺品整理」

 最近の核家族化の傾向から、今は積極的にひとり(独身)で生涯を有意義に過ごす「おひとりさま」といういきかたを勧める本をシリーズ化されている大学教授の著名な先生がいらっしゃいます。ご存知の方も大勢いらっしゃるかとおもいますが、「おひとりさま」に真っ向異を唱える方も出てまいりました。

 「遺品整理」業者の立場からいいますと、「おひとりさま」は「NO」と言わざるを得ません。家族で居れば、救えたのではないかという命が数多くありました。特に脳卒中や心臓疾患などの病気は突然意識を失い、そのまま亡くなってから発見される独り暮らしのケースはあとを絶ちません。今の医療技術の進歩からみれば、発症後すぐに治療を施せば後遺症無しに元気になれる例も数多くみてきました。
弊社の従業員の母親も、肝臓を患ってまして、毎日お姉さまが介護に通っているそうです。肝硬変はの症状の一つに、ぐーぐーと鼾をかいて寝てるそうです。その時点で、救急車を呼んで、緊急搬送をしないと命は亡くなります。
数時間数十分の対応で生死が分かれてしまいますから、私たちは「おひとりさま」が良いとは思えません。亡くなって良い命は一つもありませんし、少しでも長生きしていただきたいと願うことが、私の正直な気持ちです。

遺品整理とは、故人様とご依頼者の方を結ぶ大切な時間です。一つ一つ時間が許す限り、ご依頼者様が遺品整理をするのが一番ですが、その大変な作業のお手伝いを、ネクストでは丁寧にご対応させていただきます。

 現在および将来においても、自ら望んで「おひとりさま」になる人は少ないかと思います。今現在厳しい日本経済のなか、やむを得ず独り身になってしまうことは決して他人事ではありません。「ひとりは気楽でいい」と思っていると「孤独死」のリスクは増えるし、日本の先行きにも良いことはありません。一つの言葉で、人はつながると思います。みんなで幸せになることを念頭において生きていこうと思っています。

このページのトップへ