注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

「遺品整理」と「セルフネグレスト」?

 先日、新聞の記事中にはじめて「セルフネグレスト」ということばを目にしました。意味は「自己放任」ということだそうですが、今後社会問題にも発展しそうな内容でした。
 日頃、弊社の遺品整理の業務でも今思い起こせば「セルフネグレスト」のかたが生活されていたのではないかと思われる現場が多数あります。記事によれば、日本全国で確認が取れただけで2008年度に1,500人を超えたそうです。潜在人数を含めると現在はこの数十倍、数百倍はいるのではないかと推測されますが、間違いなく年々増えていくであろうと肌で感じています。
 何が「セルフネグレスト」の問題かといいますと、食べたものやゴミを放置することにより健康を害してしまいます。その後、住居が「ごみ屋敷」と化し、近隣へ迷惑をかけるばかりでなく、「孤独死・孤立死」へ至ってしまうことです。行政でも対応はされているようですが、他人からの干渉を拒む傾向にあるようなので、なかなか解決への道は険しいようです。
 残念ながら、私たちへ依頼が来るときにはすでに亡くなってしまったり、入院されてしまってからということですのでどうしょうもありません。今後、私たちなりに現場を通じて何か妙案があれば、発信したいと考えております。

このページのトップへ