注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

特殊清掃が多い真夏

夏場は孤立死のご相談、見積依頼、更に作業が非常に多い季節です。
その大半が、ご近所の住民から異臭による通報で発見されており、早い場合は死後3~4日後に発見される場合もありますが、遅い場合は死後6か月後に発見など、状況も様々です。

臭いの度合いも様々で死後の発見が遅い程、異臭が凄いと言う訳ではありません。
亡くなったお部屋の環境や亡くなられた病気、更に亡くなられた時期の気候などで異臭の度合いも随分と違ってきます。

今回の遺品整理作業ですが、この時期にしては異臭がほとんど感じない程度の現場でした。但し、風呂場が非常に汚れており、非常に不衛生な状況での生活ぶりだったと感じました。

IMG_1702

Before

IMG_1706

タンパク質分解溶液を使い、スチームクリーナーで洗浄

IMG_1714

After

孤立死の現場には決まって体液が残っておりますが、弊社ではタンパク質分解溶液を使い、イタリア製のスチームクリーナーで特殊清掃します。

IMG_1700

Before

IMG_1716

After

IMG_1698

Before

IMG_1723

After

今回の遺品整理の作業は、マンション4階の階段作業で、真夏と言うこともあり、スタッフは皆、汗まみれになりました。
1K、作業員3名、家財の搬出は2tトラックの荷台に半分程度でした。

このページのトップへ