注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

スポーツニッポン『イマドキの仕事人』連載100回特別編で取材していただきました。

スポーツニッポン『イマドキの仕事人』の連載100回特別編で、弊社『遺品整理ネクスト』が取材を受けました。

遺品整理ネクストが、新聞の社会面記事に掲載されています。スポーツ新聞のスポーツニッポンで好評連載中の『イマドキの仕事人』コーナーで、記念すべき第1回目に取材いただいて、早2年半が経過しました。

連載当初の時と比べ業界もかなり様変わりしていますので、お伝えさせていただきました。

増え続ける「遺品整理人」。ゴミ屋敷整理に活路。

止まらない核家族化。相場の3倍の業者も。

第1回に登場したのは、亡くなった人が暮らしていた家のものを整理・撤去する「遺品整理人」の小川健二(54)。独居老人の孤独死が深刻な社会問題になっていた時期だった。ここまでの2年半の間に「毎週のように同業者が増えている」と話す。

今生きている人から必要とされるように。

高齢化社会で、病院や施設はどこも満杯状態。業者が増加している背景には、核家族化が進み、高齢者が一人で暮らすざるを得ない環境がある。業者間の競争は激しくなる一方だが「一般的な代金より3倍ぐらい高い代金を取る業者もいる」と、業界拡大の弊害も感じ始めている。
増え続ける「遺品整理人」。ゴミ屋敷整理に活路。
止まらない核家族化。相場の3倍の業者も。
第1回に登場したのは、亡くなった人が暮らしていた家のものを整理・撤去する「遺品整理人」の小川健二(54)。独居老人の孤独死が深刻な社会問題になっていた時期だった。ここまでの2年半の間に「毎週のように同業者が増えている」と話す。

今生きている人から必要とされるように。
高齢化社会で、病院や施設はどこも満杯状態。業者が増加している背景には、核家族化が進み、高齢者が一人で暮らすざるを得ない環境がある。業者間の競争は激しくなる一方だが「一般的な代金より3倍ぐらい高い代金を取る業者もいる」と、業界拡大の弊害も感じ始めている。

このページのトップへ