注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

お部屋の片づけ ネグレクト

ブログを見て頂きありがとうございます。ネクスト関西支店武内です。2017年も忙しくお仕事をしております。今回は少し大変だった現場の写真を上げます。ご依頼者様…掲載許可を頂きありがとうございます。

ダイニング

ダイニング

washitu

和室

dog shit

犬の糞

写真にうつる床に散らばっているものは、犬の糞です。住んでた方は、足を悪くされて部屋から出れなかったそうです。宅配でくるお弁当を少し食べては放置を繰り返し、トイレもたくさんの汚れとつまりで、使用不可になっておりました。お部屋の中にはおそらく人糞かと思われるものが入った袋がたくさんありました。カビの生えた食べ物、お弁当たばこの吸い殻、小銭、紙パックの日本酒大量。通販で買った日用品(未開封)などが糞尿にまみれている状態でした。いわゆる(セルフネグレクト)という状態でした。
 ただ!私もそういった現場に行き慣れておりますので、見積もり時には、玄関の扉を開けた時の臭い、カビ臭(ああ食べ物が腐ってるな)歩いた床の感覚。ムニュムニュする。ああ床はうんちにまみれているな。トイレは…ああつまって奥が見えないな、など、割と冷静に部屋全体を見ております。基本的にその場で見積書を作るのですが、その時には、何人連れて行って何時間で終わらす。と頭で組み立てております。今回掃除に時間がかなり掛かるのを見込んで二日間頂きました。ちなみに今回は犬の糞でしたが、猫の方が臭いはきついです。

作業途中

荷物を運び出してこれから掃除

どんな状況の現場であっても、貴重品(現金、ネックレス、腕時計等の装飾品)、思い出の物を探しながら作業します。今回ももちろんそうです。小銭も沢山落ちていましたが、拾い集めご依頼者様にお返ししております。それが我々の仕事です。荷物が汚れているからと言って、むげに捨てたり見て見ぬ振りをせずに、しっかりと見極める。時間はたくさん掛かってしまいますが、そういう作業をします。
ちょっと長くなりそうなので今回はここで終わります。
次回AFTERの写真を載せようと思います。

このページのトップへ