注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

スタッフ佐々木です。

はじめまして、スタッフ佐々木です。
昨年秋の遺品整理ネクスト立ち上げ以来何度か現場に入らせていただきました。
私は、遺品整理の仕事は今まで携わったことが無く、すべてが初めての事で私自身毎回考えさせられることばかりです。

それでも、遺品整理作業終了後には、ご遺族の方が笑顔で喜んで「ありがとうございました」と当日の専任担当者やスタッフに声を掛けていただけることが、
とてもうれしく思います。どんなに大変な現場でも、最後に笑顔をいただけるからこそ頑張れます。ご遺族様にとって遺品整理は、一つの区切りと思われてます。
「おわった~これで落ち着きます。」「部屋の片づけだけが気にかかってたんです」とよくお話をいただきます。だからこそ、自然に笑顔が溢れてくるんだと思います。
これからも、私たちスタッフは、故人様の思い出をご依頼者様の立場で整理します。

認知症、孤独死、そして自殺と40歳を過ぎた私の周りでもまだ経験した事のないことが身近な現実として携わっていることに戸惑いを隠せません。
昨夜テレビで今働き盛りの30代~60代の自殺が急増してるとのニュースが流れていまして、不眠症が原因で自分自身悩み事を考える時間が増え自殺に追いやられてしまうそうです。
そんな彼らに睡眠は十分とれていますかと問いかけてくださいと言ってました。

私も認知症、孤独死、自殺は、日本の社会問題の一つだと思いますし、まわりの人が不眠症などのSOSに気づいてあげられるかが問題解決の一つの方法ではないかなと私は思います。
私たちも、日々の作業や、メディアを通じて、少しでも現実をお伝えして、「最近連絡がないな~」「ずいぶん会ってないな~」たまには連絡してみようと思うように、日々精進してまいります。
遺品整理の仕事はたいていの人は、目を背けたいことですが、私はこれからも誇りを持って携わって行きたいと思いますし、私個人は孤独死、自殺等の遺品整理は人と人とのつながりや気遣いで事前に減らしていければなと思います。

また書き込みいたします。
スタッフ「佐々木」。

このページのトップへ