注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

昨日の残念なニュース

昨日、「再生工房」の名で不用品を回収していた「グローバルマネージメント」が摘発されました。
お客様より依頼を受けていないものまで勝手にトラックへ積み込んだ後、高額な料金を請求する「先積み」と呼ばれる強引な手法で荒稼ぎしていたようです。

このような不用品回収業者が存在していた事は残念である思いと同時に、被害者の立場で考えると怒りも感じます。
また「遺品整理ネクスト」も不用品を処理しており、関連した業種である事も考えますと、悪質な業者はいい迷惑に思います。

時々、ニュースで「不法投棄」が報道される事もありますが、関連事業者としては耳の痛い報道です。
「不法投棄」の場合、業者の摘発だけでなく、不法投棄の手助けをしたとして、廃棄物の処理を依頼したお客様も罰せられます。
したがってお客様自身も業者を選ぶ目が必要となります。

遺品整理の仕事でお客様に心配事を伺うと、この「不法投棄」と回答される場合が非常に目立ちます。
私たちのように東京の都心部だと「不法投棄」について話を聞くことも少ないのですが、最近では家電リサイクル法でリサイクルが義務づけられている家電4品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機・乾燥機)の昨年度の不法投棄台数は前年度を12%上回り、ブラウン管テレビの不法投棄が17%増となっているようです。

この「不法投棄」をしない業者を選ぶ方法として、一つはきちんと廃棄物処理の許可を得た業者を選ぶ事が望ましいと思います。
弊社の場合は下記の許認可業者がございます。

  • 一般廃棄物収集運搬
  • 産業廃棄物収集運搬
  • 古物商許可証

※東京都及び近県の場合、この許可の中で「一般廃棄物収集運搬」は、新規参入の業者ではまず許可されません。

このような廃棄物収集運搬の許可を得た業者の場合は、きちんと適正に廃棄物処理されていると思います。
適正に処理されていると言う事は、その業者は適正な処理代金が発生しており、その適正な処理代金を元にトラックなどの経費や作業員の人件費などを上乗せされて、お客様へ作業料金を請求しております。
そのため、相場よりも遥かに安い料金で不用品を回収される業者の場合は、要注意です。
また相場が良く分らない時は是非、廃棄物収集運搬などの許可を得た業者にて何社も見積りされてください。
何社も見積りされることで徐々に相場も見えてくると思います。
大半の業者なら見積りは無料です。
もちろん弊社も見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

環境ビジネス

50兆円市場を狙え! 新規事業は「環境ビジネス」で仕掛けなさい!

新品価格
¥1,680から
(2010/11/25 7:13時点)

環境ビジネス

このページのトップへ