注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

ゴミ屋敷現場

昨日は都内の某アパート2階のゴミ屋敷の片付けでした。
玄関を開けると、隙間の無い空間が目に入りました。

普通の綺麗好きの人からすると、この光景は信じられない状況だと思います。なぜ?こんなにゴミが散乱してしまったんだろう。毎日出るごみを、欠かさずにゴミ箱へ入れたらいいんじゃないかなとか。
日々の生活の中で、少しずつ積み重なった結果に、ゴミ屋敷があります。たぶん本人も本意ではないと思います。無意識にポイポイって床に落としてしまうのが癖になるんだと思います。
次に、部屋に入った時には、散らかってる部屋が気にはなるんですが、目を背けてまた違うごみを落としてしまいます。それの繰り返しがゴミ屋敷になるんだと思います。

ネクストの事例でも、片づけられない女性がいまして、認知症とか病気ではないんですが、お見積りに伺った際に、玄関を開けたら、ゴミの壁になってまして、ゴミの壁と上の隙間から、ご依頼者様が出てきました。
話を聞きますと、何年か前にも一度きれいに片づけを他社に依頼したそうなんですが、朱年後にはまた元通りのゴミ屋敷になったそうです。前回の生前整理の時は、100万円単位の請求があったそうです。
弊社でのお見積りは、数十万円とお話しさせていただいたら、ネクストへご依頼いただきました。それでも予算があるとの事で、2DKの内の1部屋とキッチンとお風呂、トイレのみでの生前整理のご依頼になりました。
ご依頼者様は、満足されてましたが、また数年後には、同じ状態のゴミ屋敷になるんだろうなとおもいました。

2010_09_15

床の上から天井からビッシリとゴミや物が詰まっている部屋でした。

2010_09_15_02

衣類、その他がたくさん天井から吊るしており、隙間の無いクモの巣状態でした。

2010_09_15_03

今回はお客様の要望で貴重品をメインに検索しながらの片付けとなり、床の上に大量のゴミがあった為、貴重品の検索に少し手惑い作業時間が5時間の現場でした。
今年の夏は猛暑続きの日本列島ですがこの日は幾分気温が低く、比較的作業がしやすい環境でした。

ゴミ屋敷

あのごみ屋敷をどうにかしてと言われたら (自治体職員のための政策法務入門 5 環境課の巻)

ゴミ屋敷

このページのトップへ