注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

先日の遺品整理の現場

先日の現場は亡くなった訳ではありませんが、認知症となり片付けが出来なくなり、世間一般に言うと「ゴミ屋敷」となってしまいました現場の生前整理作業でした。

弊社に対してお客様の一番の望みは「貴重品検索」を重視した生前整理でした。
他の業者へ生前整理の見積りをしたら「貴重品検索は出来ません」と言われたそうで、このような依頼の仕事は弊社が得意とする分野です。

なぜなら弊社は片付け後の処分費を限りなく安くする為に、遺品整理の業者の中でもかなり細かく分別しており、この処分費を限りなく安く出来るお陰で、他の業者よりも安い見積り金額になっていると思います。
そしてかなり細かく分別しているお陰で、目的の貴重品がほとんど見つけることができます。
正直、ほとんどの業者様は、部屋の家財が無くなり、きれいになればよいと言うのがほとんどです。私たちが考える遺品整理とは、一つでもお返しできる思い出の遺品を探し出す。
遺品の搬出の後には、弊社でできる範囲で、水回りを中心に、キッチンの清掃・お風呂場の清掃・トイレの清掃・お部屋の掃除機かけ・畳の拭き掃除・窓拭きと、きちっと綺麗にして、故人様をお送りだす、ご依頼者様へお返しすることが基本となっております。
2日の作業でしたが、お客様が探してほしかった「謄本」や「権利書」等の貴重品も無事に一日目に見つかり、弊社もホッとしました。
だからと言いましても、どこからどんな貴重品や想いでの遺品が出てくるかわからないので、丁寧な作業を心掛けました。

下記の画像は作業前と作業後です。

yashiki

お客様は無事に貴重品が見つかり、かなり安心していたように感じました。
このようにお客様が満足されている様子を見ますと、大変な作業でしたが私たちスタッフもホッと致します。
これからもお客様が満足されるサービスを目指しながら仕事を続けて行きたいと思いますので、遺品整理のご相談やお見積りは気軽に「ネクスト」へお問い合わせ下さい。

認知症

認知症 よい対応・わるい対応―正しい理解と効果的な予防

認知症

このページのトップへ