注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

異臭の除去もお任せください

消臭作業の流れについて

近年、社会問題化しているのが「孤立死」です。独居老人の数が増えるにつれ、亡くなられたあと、発見が遅れるケースが増えています。汚れや異臭から、故人さまが発見されることも珍しくありません。この他にも、事件や自殺などでお亡くなりになられた場合、現場の特殊清掃・消臭作業が必要となります。遺品整理会社の中には、対応していない会社も多いのですが、遺品整理ネクストでは責任を持って原状回復に努めさせていただきます。

日常的な臭いに対する対策として一般的なのが、「空気清浄器」や「芳香剤」です。しかし死臭や腐敗臭に対しては、残念ながらこれらの対策は、十分だとは言えません。実際に弊社にも、「空気清浄器をかけたけど、駄目だった」というご相談がよく持ち込まれます。弊社で使用しているオゾン脱臭装置は、オゾンの力を用いて臭いの元を酸化させます。オゾンの力を使えば、塩素の約6倍という力で強力脱臭できるのです。また特別な薬剤を使わないので、「室内に毒性が残るのでは……」という不安もありません。

とはいえ、故人さまの発見が遅れがちな「孤立死」や「自殺」といったケースの場合、フローリングや畳の下にまで、体液が染み込んでいるケースも少なくありません。この場合、該当箇所を解体、修復する必要があります。遺品整理ネクストは、こうした現場での作業経験が豊富なリフォーム業者と提携しております。通常の脱臭作業やリフォーム工事では、ご依頼者さまが満足できないケースも少なくありません。ぜひ専門業者である、遺品整理ネクストにお任せください。

1日目

  1. 事件、事故、自殺、孤独死、孤立死により、部屋でお亡くなりになった故人さまの、体液や腐敗物がある場合、部屋の隅々まで、除菌作用が強い、通常よりも濃くした二酸化塩素を散布して、除菌を行います。
  2. 体液や腐敗物がある場合、部屋の隅々まで清掃を行い、しっかりと取り除きます。
  3. 腐敗物などの清掃が終わったら、再度、除菌作用が強く、ウイルス対策でも有効な二酸化塩素を散布します。天井や壁、床なども忘れずに隅々まで殺菌いたします。
  4. 換気扇回りや窓枠なども、汚れや臭いがつきやすいので、こうした場所も二酸化塩素にて除菌いたします。
  5. 二酸化塩素を散布後、24時間~48時間のオープンタイムを取る。
消臭作業
消臭作業

2日目

  1. 薬品噴霧器(ホグマスター)を用いて、除菌作用が強い二酸化塩素を細かい霧状のミストにし、部屋中に充満させます。
    ※噴霧目安:室内容積×5㏄
  2. ミストを噴霧後オープンタイムを取る。
    (2~3時間)
  3. 上記、1・2の作業をもう一度繰り返す。
  4. 腐敗臭をどの程度、除去できたのか確認します。
  5. ここまでの作業が終了してから、オゾン脱臭機を稼働いたします。
消臭作業
消臭作業

最終的な仕上げにオゾン脱臭・除菌サービス

「ネクスト」では孤立死・自殺・事件などの現場において、リフォームの後などに異臭を除去する機材として「オゾン消臭器」をご用意しております。

他の脱臭方法との違い

空気清浄器による脱臭

原理 室内の空気を強制的に吸い込み高性能フィルター等を通して室内に戻します。
特徴 室内に漂っている空気中の塵埃や花粉、ハウスダスト等を取り除き日常の生活臭は多少は取れますが、死臭・腐敗臭等の、強い臭いを取り除く事は出来ません。特に床やカーテンに染み付いた臭いは取れません。また、分子量の小さい臭気物質はフィルターを通過するだけで臭いを取ることは出来ません。

芳香剤による脱臭

原理 室内に別の臭いを出すことで、嫌な臭いを気にならなくさせます。
特徴 臭いが消える訳ではありません。

弊社が採用するオゾン脱臭装置による脱臭

原理 オゾンの力で臭いのもとを根本から分解します。
特徴 床や壁などに染み付いた臭いまで消すことができます。

高い効果を実現する3つのポイント

薬剤も使わずに残留毒性もなしで安心感がある
気体であるオゾンの特性を使うので、特別な薬剤は使用しません。
また、悪臭を分解した後は酸素に戻るため、残留毒性もありません。
芳香剤や空気清浄機では取れない強い臭いも除去
オゾンの酸化力は有機物、無機物を問わず非常に高い効果を発揮。
部屋のわずかな隙間まで入り込んでしっかり脱臭・除菌します。
細菌の除菌にも有効
オゾンの強い酸化力は有機物の除去などにも活用されており、何度でも殺菌効果が変らず、耐性菌もできません。
また、常温・常湿の環境下で作業ができます。

一般的な脱臭方法としては、空気清浄機や芳香剤があります。空気清浄機は室内に漂っている臭いは脱臭できますが、壁やカーテンに染み付いた臭いは取れません。 また芳香剤は、室内に別の臭いを出すことで嫌な臭いを気にさせないようにしているだけで、脱臭するわけではありません。

オゾンとは?
ozon01地球の空気中には必ず酸素があります。酸素は2個の酸素原子からできていますが、オゾンは酸素原子が3個集まってできたものです。
「オゾン層」と言う言葉を聞いた事があると思います。このオゾン層はオゾンから出来ており、地球をぐるりと囲んでいて太陽から届く有害な紫外線を吸収してくれています。また、太陽の紫外線によって空気中の酸素からオゾンが生成されるので、私たちの呼吸している空気中に普通にオゾンは存在しており、身近なものです。
強い酸化力で悪臭を分解、そして除菌
fig_ozoneIllustration2酸素原子が2個ついたものが酸素(O2)、3個ついたものがオゾン(O3)です。しかしオゾンの分子は安定していないため、3つ目の酸素原子がすぐに離れようとします。悪臭などの何か他のものに触れると、この3つ目の酸素原子はニオイ物質と結合します。これが「酸化」です。
この酸化力は、塩素の約6倍の強力な脱臭、殺菌効果があります。(フッ素に次ぐ強力な酸化力です。)
オゾン除菌・消臭の秘密
fig_ozoneIllustration3オゾンの強い酸化力は、除菌や消臭において、その威力を発揮します。細菌や悪臭物質の成分の多くは、酸素原子と非常に反応が速いので、オゾンによる除菌・消臭はとても効果的です。
芳香剤のように、悪臭を一時的に閉じ込めるのではなく、悪臭分子を酸化分解するので、臭いが戻ることはありません。もちろん、二次公害に繋がる有害な物質を出す心配も一切ありません。オゾンは、強力な除菌・消臭力を持ちながら、環境に限りなく優しい物質といえるでしょう。

IMG_0474-1
消臭作業時間は、現場を確認させて頂き、ご遺族様とご相談致します。

孤立死などの現場において、消臭器の力だけで匂いを抑えることは非常に困難な場合も多く、例えば体液が付着したフローリングを撤去したり、床下コンクリートの防臭加工などリフォーム(工事)が必要な場合も多々ございます。匂いを抑えるためには、このようなリフォーム後にオゾン消臭を行うことが効果的です。

床上の特殊清掃 30,000円より
浴室清掃 50,000円より
消臭剤・除菌剤による散布 10,000円より
汚れた畳の撤去 3,000円より/1枚
消臭(オゾン処理) 30,000円より

場合によっては即日対応可能な場合もございます。

※特殊清掃の料金には、体液や血液、汚物の除去、清掃、蛆などの害虫駆除が含まれています。

臭い止めの施工技術あるリフォーム業者との連携

ネクストでは遺品整理と同時に「特殊清掃」のご依頼を数多く受けてきました。
そこで多くのご依頼者様が求めていることは「腐敗臭の除去」です。

ネクストの経験では、ご遺体の発見が遅かった場合に「薬品による清掃」と「オゾン消臭」の単純な組み合わせの作業工程だけで、臭いを抑えれる現場は稀にしかございませんでした。

孤立死や自殺などの現場において、実に多くの現場が床下まで体液が浸透しております。つまり汚染箇所の解体工事が必要な現場が非常に多いのです。
基本的に床下まで体液が流れた場合は、床下の汚染箇所を洗浄できるように解体工事を行います。
この際、床下コンクリートに体液が流れた場合、出来るかぎり水分を使わないで、速乾性の脱脂洗浄剤を使い汚染箇所を洗浄いたします。
そして汚染箇所の洗浄が終了しましたら、体液はコンクリートの中にまで浸透しているため、臭い止めのコーティング剤を塗布して臭いを閉じ込める施工を行います。

臭い止めの施工
臭い止めの施工

また年々増えている浴室などのヒートショック死でも基本は浴槽を取り外して清掃する必要性もあり、このように「特殊清掃」は工事の必要性も多いことからリフォーム業者と連携して原状回復する必要性があります。

特殊清掃の現場は「臭いを消す施工」と「見た目を元通りにする施工」の両方の施工技術を持つリフォーム業者が必要不可欠です。しかし現状では「腐敗臭の除去」に関する知識と施工技術を有するリフォーム業者がほとんど見当たりません。

孤立死・事件現場で起きる異臭の除去に対応できる施工技術を備えたリフォーム業者が少ない中、ネクストでは12年以上に渡って孤立死や自殺現場など数多くのリフォーム経験が豊富なリフォーム業者と連携しております。
※このような特殊清掃は一般的なリフォーム業者と連携しても「腐敗臭の除去」はできません。

このページのトップへ