注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

我々の遺品整理

浴槽

他社さん作業後


浴槽掃除後

当社作業後

ブログを見て頂いて有り難うございます。関西支店武内です。
めっきり夏の暑さも和らいできたと思っていたところ、急に冷え込んできましたね。皆様体調はいかがでしょうか?
せっかくブログを見て頂いてるのに、中身のない内容ですと、失礼ですので、今回はわれわれの「遺品整理」について熱弁しようと思います。我々は、「職人」であれ!と常々教えられます。遺品整理を業としてる会社ですので、まずご依頼者様に「安心」「感動」を届ける事を最優先に考えろ!と教えられます。「満足」ではなく「感動」を届ける。もちろん力が至らない場合も少なからずあるとおもいます。
ただ、常にどのような作業内容、手順、気配りが自分たちにできるのか?見積もり後、作業後、週に1回ミーティングをします。こういうミスがありました。こういう声がありました。こういう要望がありました。こういった事で大変喜んでいただきました。ということを共通知識として作業員全員が共有します。
毎年夏は、変死現場が増えます。独居死も年々多くなります。大家さん不動産管理会社、遺族の方、多くのお困りの方からご連絡を頂きました。上の写真は、司法書士様からご紹介を頂いた案件で、お風呂場で亡くなられて、まず特殊清掃業者がはいったあとに、我々がお部屋の整理で入りました。正直愕然としました。清掃&消毒&消臭代金おおよそ113,000円したそうです。まず臭いはとれていない、虫(ハエ)が後からわくのは仕方ない事なので問題はないのですが、本当に清掃したのかというレベル。水を抜いただけ?と思われる作業内容でした。もし我々の社員がこのような内容で現場終えてきたら、謝罪の上もう一日時間を頂き、一日中掃除をしてこいと雷が落ちるレベルです。全国的に遺品整理業者の数は増えております。当社のHP作っている人間が、他社のHPに文章が引用され使いまわされていると嘆いておりました。私たちは遺品整理に携わるものとして、誇りを持ってお手伝いします。

トイレ作業前

ユニットバス作業前

IMG_0009

ユニットバス作業後

もちろん他社さんも同じ気持ちで作業されてると思います。だからこそ我々もより良い作業が出来るよう努力を致します。
日本の産業が競い合って発展したように、遺品整理業ももっともっとよくなるべきです。
最近、乱立する業者さんがいい加減なお粗末な仕事、ものすごい高い値段などの声を聴きましたのでこうして、書かせて頂きました。
我々もミスしたり力になれないこともあると思います。どうすればより良いお手伝いが出来るのか、社員一同精進します。

このページのトップへ