注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

奇跡的な孤立死の「遺品整理」

 昨日は、小雪舞う中、死後約3週間後、昨年暮れに発見された「孤立死」のかたづけに行ってまいりました。依頼者はアパートの大家様でした。家賃を滞納されておられたので、保証会社立ち会いのもと、警察に通報し中に入ったところ亡くなられていたそうです。その後、遠方に住む親族に連絡を取りましたら、いっさいの相続を放棄され、ご遺体の引き取りも拒まれたそうです。行政が荼毘に付し、無縁仏を受け入れておられるお寺に納骨されたそうですが、かたづけに関しましては、大家様全額負担となりました。

IMG_1154

 師走の寒い時期が幸いし、部屋の中はまったく亡くなられた時の痕跡がありませんでした。警察官も驚いていたそうです。今回のようなケースでは不幸が不幸を呼ぶことが少なくありません。非常にまれな「孤立死」の作業でした。

IMG_1152

 今回の費用は、2tトラック1台、作業員2名、所要時間2時間でした。

このページのトップへ