注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

「若年孤立死」の遺品整理

 本日は、昨日未明に連絡をいただき、関西から上京された故人のお兄様からの依頼をいただきました。3日後には戻らなければならないため、急ぎの対応を求められました。即、見積もりに参上し、お話を伺ったところ、40才過ぎたばかりの弟様が死後2カ月で発見されたそうです。弟様は病気療養のため7年前に上京し、一人で暮らされておりましたが、友人は地元関西にいらっしゃるようで、今回発見が遅くなってしまったようです。お兄様も早く見つけてあげられなかったことを、悔やまれておりました。私にも今回亡くなられた弟様と同い年の弟がすぐ近くに住んでおりますが、連絡を取らないときは1年近くとらないこともありました。ただこの仕事に携わってからは、比較的まめに一人暮らしの弟に連絡を入れるようになりました。
 見積もりに伺った時にはすでに、弟様が亡くなられていたベッドのかたづけ梱包を終えておりました。汚れたところの掃除もされておりました。このような形で兄弟の遺品整理をするのは非常につらい作業だったに違いありません。弟思いのお兄様がいらっしゃることは幸せなことです。きっと感謝されていることと思います。

IMG_0981

before

IMG_10051

after

 

本日の費用は、2tトラック2台、作業人員4名、作業時間2.5時間で18万円でした。

このページのトップへ