注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

貴重品や想い出の品検索の重要性。

今回、お見積りのご依頼をいただきまして、現地へ伺った時に、ご依頼者様は「荷物の量が多すぎるのと部屋の中で親族が亡くなっていますので、私たちではどうしようもできないんです。」
とお話ししていただきまして、ご依頼者様は本当に困った様子でした。
私たちの仕事は、困ってるご依頼者様のお話を丁寧に聞いて、その思いを私たちがしっかり受けとめてお力添えする事が大切です。

弊社では、ご依頼があれば、どれほどの量の遺品でも、どんな状況(お部屋の中で亡くなられて腐敗してたり、お部屋を片付けられなくてゴミ屋敷の状態。)でも、数多くの経験をしてるスタッフが、自信を持って落ち着いた対応をいたします。

遺品整理作業中

遺品整理作業中

今回のご依頼者様へも、丁寧にご説明をさせていただきましたら、私を信頼して認めていただき、遺品整理のご依頼をいただきました。
私が遺品整理、特殊清掃で心がけてますのは、特に特殊清掃では、腐敗した体液や害虫等で近隣様へご迷惑が掛かってるかをその場で判断し、即対応する事です。
特殊清掃の件でご連絡いただく方からは、「大家さんや管理会社から、近隣の方より臭いや害虫が酷いので早く何とかしてほしいと言われて困ってます。」という問い合わせが多いのです。
それなのに、お見積りをして「それでは日にちを改めて作業いたします。」と言うのは、急務な対応が必要な特殊清掃ではどうなのかな?と私は思うんです。

今回は、近隣様にはまだご迷惑は掛かっておりませんでしたが、その場で特殊清掃の作業をさせていただきました。
作業終了後にオゾン消臭機を設置する事で、作業当日までには、ほとんどの臭いは無くなってますので、当日の作業がスムーズに進むのと、ご依頼者様がお立会いできる環境を作る事が出来ました。

故人様は、多彩な趣味をお持ちの方で、価値のあるものもたくさんありましたので、ご依頼者様には一部屋に確認していただく貴重品を集めて、確認に集中していただきました。
2日がかりの作業でしたが、その間ご依頼者様も2人がかりでずっと、お持ち帰る遺品、処分する遺品、供養する遺品と分別していただいてましたが、それでも見切れないくらいの遺品がありました。
部屋によっては肩の位置まで遺品が埋まった部屋もありましたが、1日目で7割方の仕分、搬出が出来ました。
そのような状況でありましても、部屋の中では、熟練の社員のみで作業、対応する事で、迷い無くまちがいない遺品整理が出来てます。

遺品整理作業終了後

遺品整理作業終了後

今では遺品整理を扱う業者は、1,000件を超えると思いますが、「全員社員です」と言いながら、ユニホームだけアルバイトに着せて遺品の整理の仕分けをさせているところもあると聞いてます。
私たちは、故人様の大切な遺品を扱う業者ですので、大事な仕分けの部分をアルバイトには任せられません。
ホームページに少数の社員しか出ていないところなどは、その可能性があると言う事になると思います。
弊社のようにスタッフ10人以上という訳にはいかなくても、その半分くらいはいた方が色々な現場に対応できるのではないでしょうか?

今回のご依頼者様より、作業終了後に「到底私たちだけでは見つけられなかった大事な遺品を見つけていただけ、大変ありがとうございます。」と云っていただきました。
私たちには、何よりのお言葉で、ありがとうございます。

作業終了後、ご依頼者様と撮影。

作業終了後、ご依頼者様と撮影。

このページのトップへ