注目コンテンツ

  • 遺品整理をお急ぎの方へ
  • 孤立死・事件現場で起きる異臭の除去について
  • マスコミ掲載実績
  • 生前整理をお考えの方と成年後見人の方へ

伝える力

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

私が想うに「遺品整理の事業をシンプルに考えると、四つの力で成り立っています」
「創る力(企画力)」「管理する力(管理能力)」「伝える力(宣伝力)」「実行力(行動力)」の四つです。
その四つを掛け算した力が商売上の総合力であり、一つでも劣った分野があると、総合力はガクンと落ちてしまいます。

私個人、そして弊社としても本年は「伝える力」にもっと力を入れるべきと考えており、このブログも「伝える力」の一部分として情報発信しております。
インターネットの発展により、業務内容によっては通常のチラシ広告などは、成果が上がらない世の中になってしまいました。
そのために、インターネットを有効活用しなければ生き残れない業種も多くなりました。

ご依頼者の不安要素を考える

遺品整理のようにスタッフ(他人)がご遺族に代わって整理するような業種は、どんな従業員が作業するのか?
依頼者にとっては心配の種の一つでもあると思います。
事前にどんなスタッフが来てくれるのか?
この情報をもっと知りたいと考えている依頼者も多いと思います。

この件に関しては、当ウェブサイトのブログを始め、「Facebook」「Twitter」などのソーシャル・ネットワーク(SNS)等を上手く活用して、各スタッフが情報発信行い、どんな人柄なのか?どんな考えで仕事をしているのか?・・・など、多くの方々に知っていただくことが大切かと考えております。

また依頼者の立場で、作業に関する不安要素として・・・
遺品整理の前と後では、どう部屋の様子が変化するか?
その際の料金はいくらだったのか?
ご依頼者にとっては、もっともっと知りたい要素がたくさんあると思います。

その為に、本年からは作業を請け負ったスタッフが、必ずご自分のブログで作業実例を公開致します。
もちろん作業をイメージしやすいように、「ビフォーアフター」の画像やその際の作業の料金も公開します。

「伝える力」・・・これをきちんと実行することが、お客様の為になると考えております。
つまりお客様が、仕事を依頼する上の参考材料になると考えております。

fruits givrés

このページのトップへ